ペニス トレーニング

サプリだけに頼らないペニス増大トレーニングを

バリテインに限らず、ペニス増大を求めるユーザーのため、実にさまざまなペニス増大サプリメントが売られています。それらのサプリでペニスを大きくしてもいいのですが、サプリに頼らない方法も同時に行うとより効果的です。ここでは、サプリに頼らない増大に関するお得情報をお伝えしていきます。

 

ペニスを大きくする仕組み

ペニスが大きくなるトレーニングや仕組みを紹介する前に、バリテインでサイズアップする理由をお伝えしましょう。バリテインに期待できるのは成長ホルモン分泌を促す成分がバランスよく配合されているから。特に重要なのがL-アルギニンやL-オルニチンです。この2つの成分は成長ホルモンの分泌を働きかけ、より効率的にペニスが増大しやすい状況を作り出すことができます。

 

この状態でトレーニングを行えば、ペニスを大きくする可能性を高くすることができるでしょう。ですが、ペニスサイズアップ効果があることを吉あしすぎてはけません。誰にでも同じような効果があるわけではありませんし、100%効果が出るということもありません。

 

ですが、ペニスに対してコンプレックスを持っていて、藁にもすがる思いの人には大きな問題です。ここで紹介する方法を活かし、コンプレックス解消につなげていただければと思います。

 

PC筋トレーニング

PC筋トレーニングは本当に便利なトレーニングで、いつでもどこでもトレーニングすることができます。PC筋というのはペニスの付け根と肛門の間にある筋肉のことで、この筋肉を鍛えることは誰にでもできます。排尿を我慢する時に力を入れる筋肉と言えばいいでしょうか。この筋肉がPC筋です。

 

PC筋は排尿の際に使う筋肉は、排尿以外の時にも使うこと、力を入れることができます。このトレーニングはいつでもどこにいてもできることなので、できないという方はいないでしょう。

 

方法としては肛門を締めるように力を入れ、5秒間停止。力を緩めて5秒間。これを10回一セットで行います。10回1セット×10セット=100セットを一気にするより、一日の間で感覚を空けて10+10+10・・・、といったように分けてトレーニングした方が効果が高いかと思います。

 

ミルキング法

ミルキングは面白いトレーニング法です。牛の乳搾りってありますよね?牛の乳首は細長いですが、それとペニスを持ち替えて、お乳を絞り出すようにペニスを絞っていきます。

 

勃起した状態でも普通の状態でも行うことができますが、できるなら半立ちの状態でトレーニングしたほうがいいでしょう。勃起していると血管に対する負担が大きいでしょうし、血管に血液が少ない状態では効果を発揮することはできません。

 

ペニスが半立の状態が、負担をかけすぎること無く安全に増大効果を望めます。オナニーがてらに実践してもいいでしょうが、半立状態を維持するのも難しいかと思います。ローションを使えば摩擦を起こすことなく上手にトレーニングすることができるでしょう。

 

「デカい男」は飲んでいる!そのサプリは「バリテイン」